瓜田純士オタク

YouTubeで人気急上昇中、瓜田純士が、オタクになって可愛くなった?!

 

瓜田純士オタク

 

どうして、あの見るからに恐そうな、瓜田純士さんがオタクになって可愛くなったのでしょうか。

瓜田さん

瓜田純士さんがオタクになった理由は、

 

あの路上の伝説『朝倉海』さんと、YouTubeでコラボし、化学反応を起こした模様です。

 

路上の伝説、兄の『朝倉未来』さんの弟ですね。

 

 

朝倉海さんは、YouTubeのKAI channelで、海ぴょんと言う名前で、オタクに扮しています。

海ぴょん

 

知らない人は、海ぴょんがオタクに扮して、タバコのポイ捨てを注意するyoutubeの動画を見てください。

 

とても面白い動画で、1000万回再生以上とバズっていたので、おすすめです。

 

 

朝倉海は、普段からオタクキャラをやっているんですね。

 

アウトサイダーから瓜田さんのことを知る人たちは、瓜田さんがオタクになった事はとてもびっくりだと思います。

 

炭治郎
瓜田さんは、昔すごく尖っていたんだ。
目が合った人は、蛇に睨まれたカエルがごとく、動けなくなります、
蛇に睨まれたカエル
まるでオーラを纏った範馬勇次郎のようです。

 

瓜田さんがどんな人か気になる人もいると思うので、どんな人が簡単に話していきたいと思います。

 

youtubeで人気急上昇中の瓜田純士ってどんな人?

知らない人もいるかもしれないので、瓜田純士さんについて、簡単に説明していきたいと思います。

瓜田純士さんの生い立ち

瓜田純士さんの出身は

 

東京都新宿区歌舞伎町です。

 

歌舞伎町

 

花屋さんの息子として生まれました。

 

歌舞伎町が、瓜田純士さん始まりの地ですね。

 

そして、生年月日は1979年12月4日です。

 

瓜田さんの父親はブラックエンペラー2代目総長です。

 

ブラックエンペラーは関東最大の暴走族です。俳優の宇梶さんも総長を務めていました。

 

小学生の頃は、素行の悪さから転校を繰り返していました。

 

17歳のころに暴力団に入り、2003年、当時瓜田さんが23歳だったころに、覚醒剤の取締り法違反で逮捕されました。

 

刑務所に服役中、5500人が参加した、文芸コンクールで、瓜田さんが書いた

 

『mother』という小説が大賞を受賞しました。

 

瓜田さんの文学的才能に、元プロレスラーで、The OUTSIDERの主催者でもある、前田日明さんも称賛しています。

 

そして、出所後には、その文学の才能を活かして、作家になります。

 

といった著書を出版しています。
2008年には、先ほど出てきた、前田日明さん主催のTheアウトサイダーも出場しています。
瓜田さんは動画でも、話していましたが、Theアウトサイダーにはすごく恩があると言っていました。

瓜田純士さんの言葉が凄くて面白い!!

朝倉海さんとオタクになりきる企画で、

 

「俺本気だしちゃうから、プリキュアのTシャツとか着ちゃうよ」って言ってました。

 

瓜田さんがプリキュアを知っているってゆうのがびっくりでした。

 

また犬を飼ってる話になって、朝倉未来さんが、プードルを飼っていて、ベントレーに乗っていることから

 

『カリスマキャバ嬢っぽいよね』っと言ってました。

 

朝倉海さんも、ワードセンスやばいよねって絶賛でした!

 

また瓜田さんのブログで、日記調の文章を読むことができるので、おすすめです。

 

瓜田純士さんのブログはこちら

 

瓜田純士さんのピュアで可愛いところ

 

KAIチャンネルで、朝倉海さんと一緒に、タピオカ屋さんに行ったときのことです。

 

瓜田純士 タピオカ

 

タピオカを飲むのは初めてだった、瓜田さんは、一気にタピオカミルクティーを飲みました。

 

それと、タピオカがどんなものか知らなかった瓜田さんは、喉に直接タピオカが入ってきて、むせちゃいました。

 

タピオカ 朝倉海

 

それを見たとき、なんかすごくピュアでかわいいなと思いました。

 

ミルクティーかと思ったらいきなり固形物がのどに来てびっくりしたんでしょうね。

 

【待望】Thoa blogの『ワンピースLINEスタンプ』はこちら

ワンピースLINEスタンプ

みんな大好きONE PIECE(ワンピース)のLINEスタンプ!

総売り上げコミックス数 4億6000万部を突破した、日本が誇る、人気・売り上げともに

世界No.1のモンスター漫画『ワンピース』のLINEスタンプができました。

Thoa blogがこんなスタンプあったら良いなと作ったものです。

気に入った方は以下から購入することができます。

Twitterでフォローしよう

おすすめ記事